かなりあのなく頃に

昨日は久々に早く寝ようと思って22時30分に寝に入った。
……のだが、
「そうだ高校野球の千葉大会のダイジェスト見なきゃ」
って事で23時30分まで見てしまう。
ちなみに母校は今回シードでした。
…まぁ、頑張ってくれ(超他人事)

その後、微妙にチャンネルを回しながらだらだらとTVを見てたら
「この後、コパ・アメリカ決勝 ブラジルVSアルゼンチン」
とか表示されてんの。
そりゃ見るよ。そりゃ見ちゃうよ。そりゃ見なくちゃ。
そんなワケで24時だか25時からコパ・アメリカ決勝を見る。
実はこの大会の試合は1回も見てなかった。
見れなかったと言うよりは、そんなに興味無かったからだ。
「アルゼンチンがブラジルをフルボッコにすんの見るか!」
とかにわかアルゼンチンファン気取りの俺。
そう、俺はアルゼンチンが決勝まで残ると思って無かった。
メンツは揃ってるけど、何故か敗退するんじゃないかとみていた。
しかし、アルゼンチンは全勝して決勝の舞台に上がった。
あぁ。なんて天邪鬼な野郎なんだ。俺は。
素直に「アルゼンチンサッカーで世界を見返せ!」と言えないのだろうか。
微妙な葛藤をしつつも、優勝を念じながら、キックオフを迎える。

……
………ええ!?
ちょ、ええ!?
その完全にDFラインが翻弄されてる感は何なの!?
いや、本当ブラジルの底力を感じた。
若手だけでこんなに戦えるとは…。
完全にリズムに乗ったブラジルと、完全にリズムを崩したアルゼンチン。
前半39分頃には勝敗が決してしまったような気すらした。
「それでも、それでも、後半に!」
と祈ったものの、たかだか異国日本の男が祈ったところで奇跡など起きず…3-0でアルゼンチンは敗退した。
この時ばかりはドゥンガがとても憎く感じた。選手時代は好きだったのに。

アイマール投入から微妙にリズムを掴みかけたところでの3点目は本当にショックだった。マジデ。

試合終了後、呆然とした俺はテレビ埼玉でひぐらし解を見る。
あぁ。電波悪い。画質悪い。
途中でK1に捕まりそうなレナの「K1だったらいいよ」的なところでアルゼンチン敗北のショックから完全に立ち直る俺。
あぁゲンキンなもんだな。そしてオタクだな。

話は変わって。
コミックボンボンの休刊が決まったそうで。
小学生の頃、ボンボン派だった俺としてはなんだかもの悲しい気分。
そう、例えるなら母校が廃校になった時の気分に似ている。
……廃校の経験はないのだが。
休刊後に「コミックライバル」という中学生向けの雑誌を発刊するらしいのだが…需要無さそうな気がしてならない。
それとも微妙に年齢層上げたことで「ボンボン特有の妙なエロさ」を追求してくのだろうか?
それならば、購買層は中学生ではなく…「大きなお友達」になるような気がするよ!
きっと新しいがんばれゴエモンでヤエちゃんが色々エロエロされちゃうんじゃなかろうか。
…まぁ、頑張ってくれ(超他人事)
[PR]
by haruc-music | 2007-07-17 20:07


<< ♪あんなに嫌いだったのに~ 台風の如きスピードでまとめる2日間 >>