ハーマイオニーとかオーマイキーではない。

今日の仕事の帰り道。
職場の人間とそれなりに楽しく会話をしてた。
「じゃあ乗り換えがあるから」と
その人間とはそこで別れ、それからはいつものオンリーロンリーグローリー。
イヤホンを装着した俺は何も変わらない、いつもの帰宅。
いつも通り……なんだけど、今日は昨日mp3をデコード(※リスモ使用なので、一度WAV音源にしないといけない)した曲が入ってたんでちょっぴり新鮮。

そんな俺の状況なんてどうでもいい。
俺の目を、耳を、疑う事件はそこから5分後に発生した。

国道脇を歩く俺。
勿論、横では車が相当数走っているワケだ。
――1台の車が横を通り抜ける。
何か音楽が漏れている。
そんなに大音量で流して、お前は○○とか○○○に遊びに来てるちょっとイタイ奴かよ。と思いながらも、過ぎ去る車を見送った。
だんだんと音が近づいてくる。
車は信号で止まっていた。
なんとなく音が高い、声が高い……そんな音楽。そんなmusic
あぁ、あれか。帰省中の子供が大音量で子供向けのアニソンでも……
俺は耳を澄ました。そりゃもうジブリの映画並に耳を澄ました。

どう聴いても「コスって! オーマイハニー」です。本当にありがとうございました。


ナンダヨ、オマエ。
ナンナンダヨ、オマエ。
そんなベコベコな車(に見えたんだが、きっと目の錯覚ではないと思う)なんかに乗って、そんな歌大音量で流して、国道流してるなよ、と。
言いたい。
言いたい。
叫びたい。
そりゃもうスラダンのOPばりに叫びたかった。
たださ、ただね?
TH2のキャラソン聴いてた俺が言える立場かと。

類は友を呼ぶ……そんな言葉が身に染みる夏の夕暮れでした。
――って友人でもなんでもないわっ!!
[PR]
# by haruc-music | 2007-08-29 19:25

コテは楽器じゃない

昨日は仕事の帰りに、久々に会った人間とご飯食べてカラオケに行ってきました。
お好み焼き屋に入ったんですが、奥の会社員がそりゃもう見てて('A`)なタイプでして。
例えるなら、合コンで凄いハリキってしまっているような…まぁ、物凄い必死な出会い厨みたいな。
途中からお好み焼き切るのにコテをカツカツカツカツ鳴らしておりました。
そんな音に、何が起こっても笑いのツボに入る年頃な向かいの方は笑いを隠せず笑っていましたとさ。
コテミュージシャンの男と一緒のテーブルにいた女性が「オレンジジュース下さい!」って
TH2の委員長みたいなポーズで注文してた。
ちょっと萌え……たりはしなかった。むしろひいた。
やっぱ2次元のキャラは2次元でしか成立しない世界なんだなぁと思った。

カラオケでは、入るそうそうトイレに行くのを見計らって、1人で「ありがとう」歌ってた。
おお振りのEDのやつですわ。
なんか、腹に物溜まり過ぎて、歌い難かったけども、気付いたらノリノリ。
きっと多分、鉄板の熱さで頭やられてたんだ。

帰ってちょっとゲームして、おお振りみて寝て。
仕事に行ったら「日曜も出勤で」

人生なんてそんなもんだよあなぁ~とやけに達観気味な自分。
給料日だったもんで、ちょっとだけ増えた貯金額を朝見たもんだから、働く日数が増えるのも悪くないかなぁと思いましたとさ。
[PR]
# by haruc-music | 2007-08-24 20:06

夏コミ

半七さんが初コミケ参加なもんで、自分も案内役として馳せ参じたコミケ3日目。
一年振りの参加も、日差しと人口密度からなる空気中の湿度と二酸化炭素の過度な上昇により5分を待たずしてグロッキー。
みんなタフだなぁとボンヤリした頭で歩く。
東館を案内するも、ちょっと元気がなく、テンションダダ下がりな自分と、周囲の状況(主に人ごみ)に圧倒される半七さんとで、30分くらいで退散。
みんなタフだなぁとボンヤリした頭で西館へ。
西1・2辺りになると、人もまばらで少しづつ脳内酸素が補充されていく…。
あぁでも、気付いたら女性向けコーナーに侵入。
後、廃墟写真なるものがありましたが、あれは一体…。
心霊写真系が大の苦手な自分には無縁だと思いたい。
企業ブース案内予定も、コスプレ広場を通ったところでケロッグばりに我慢出来なくなった半七さんに「もう行きますか?」と尋ねたところ、「行きたい」との事なので、企業ブース諦めモード。
企業ブースは元々興味ないし…。
コスプレ広場に来て「さぁ写真撮って下さいよ!」って半七さんを応援。
最初は若干戸惑い気味に思えた半七さんの姿が、回数を重ねる毎に輝いていくのが見てとれる。
「きっと半七さんは、自分の生きる場所を見つけたんだなぁ」と、俺はその門出を祝福。
ルイズコスを期待していた俺としては残念な結果に終わったけれども、グレンラガンのヨーコとリトバスの小毬、ブララグのレヴィが居たから良しとしよう…いや、そう思わないと悔しくてたまらない。
元にほぼ手ぶらで行って、帰りにペットボトル1本しか荷物増えていないんだから、ルイズを拝めなかったのは超痛い。俺の発言は超イタい。

煌く日差しの中、燃え尽きた男2人。
「もぅ帰りましょうか」
「アキバ行きません?」
きっとこの2人は日本の安易なキャラクタービジネスの虜。

アキバエクスプレスなるバスに乗って一路アキバへ。
このアキバエクスプレスってバスは半分ボランティア的に出来てるっぽい。
だって絶対モト取れてないもの。

バスガイドさんが半七さんの好みだと気付いた頃には、既に半七さんは名前チェック済み。
流石だよ。流石だよ。半七さん流石だよ。

アキバに着いた後はCute-Mに。混んでて挫折。
17時までデニーズで時間潰して、再度訪問。

いつもと変わらない会話を交わして、帰宅。

家に帰ると親父に「お前、それ一日で?」って即座に日焼けをつっこまれる。
「あ、あぁ…まぁ海にいたから」
ごめんよ、親父。流石にコミケ焼けだなんて言え無いよ。
ブーツで出掛けたのに、海に行くわけないだろう。
東京湾の上にはいたんだけどさ……。
[PR]
# by haruc-music | 2007-08-19 19:52

夏大会

始まりましたね。昨日から。
…と言っても、今回は特に応援したチームが無く、いつもほど興味は惹かれません。
ただスタメン表なんかを見て「阿部」って選手がいると「まさかキャッチャー!?」とか思っちゃうのは如何なものかと。
そんなおお振り好きな自分。
既にアニメ版はラストまで桐青戦で引っ張られるのは目に見えているワケで。
試合終了+αで終わるのか、叶にメール出すところで終わるのか。
まぁどちらにしてもモモカンがでしゃばれる機会が減ってくるワケさ。悲しいね。

コミケ行く話を同僚にしたら「リトバスのサントラ買わないの?」って3回くらい訊かれました。
俺の中では音楽はKANON>AIR>CLANNAD>リトバスなんですが、こんだけ言われ続けると買ってしまいそうなイキオイになるから困る。
しかし…もう企業ブースまで回ってる程の体力は無いのだよ! 俺には!
後「コスプレイヤーの写真撮らないの? 撮ってきてよ」と言われたので、「デジカメあれば撮ってきても良いですよー」って安請け合い。
しかし…あんな炎天下の中で写真を撮る程の体力は無いのだよ! 俺には!

なんもねーなー。
マジ なんもない。
[PR]
# by haruc-music | 2007-08-09 22:19

見事に暇

あんまり暇な休日になるくらいなら、働いてたほうがマシだって時。
それが今。
でも実際休みナシで働くとなると、それは嫌。
あぁ、人間ってワガママな生物なんだなぁと思いながら、ダラダラと夜は更けてゆくのでした。
[PR]
# by haruc-music | 2007-08-03 22:50